ピース又吉『火花』の冒頭の文章wwwwwwwwwwwwwwwwww

1:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 19:30:38.521 ID:41VRoLX5d.net

大地を震わす和太鼓の律動に、甲高く鋭い笛の音が重なり響いていた。熱海湾に面した沿道は白昼の激しい陽射しの名残りを夜気で溶かし、浴衣姿の男女や家族連れの草履に踏ませながら賑わっている。




2:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 19:31:16.620 ID:z6h3P5QI0.net

まさに純文学って感じ




3:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 19:31:32.748 ID:FJwwO62/d.net

これは挫折する




4:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 19:32:04.217 ID:t8h+n3IH0.net

あいつってすごいの?




6:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 19:32:48.458 ID:EPA5Fnc20.net

>>4
すごいかどうかはこれからだろ





9:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 19:33:06.713 ID:41VRoLX5d.net

>>4
中村文則いわく「ちょっとした作家よりも本読んでる」






おすすめリンク(外部)



5:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 19:32:47.236 ID:s+iHwY9rd.net

水嶋ヒロ君と対比させようずWWWWWW




7:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 19:32:51.375 ID:Am9T+iXLd.net

最近のラノベの方が読みやすくて文章力高い作家いるな




11:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 19:33:29.506 ID:a4zvvSQZa.net

>>7




12:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 19:34:17.182 ID:OBN1iYnj0.net

>>7




73:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 19:48:53.161 ID:NDsPLtg/0.net

>>7




144:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 20:21:36.955 ID:vgMMSCeb0.net

>>7




8:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 19:33:05.011 ID:jVgPSp3PK.net

くっさ難しい言葉使えば良いと思ってるアホだわ




13:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 19:34:19.426 ID:Am9T+iXLd.net

>>8
どこに難しい言葉があるんだよクソワロタ





63:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 19:46:02.505 ID:JOecA8t/d.net

>>8
これは恥ずかしい





10:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 19:33:27.936 ID:oWqOcOpaK.net

品川さんも認めるほどすごいよ




14:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 19:34:32.675 ID:SIylBok4d.net

残念ながら難しい言葉はあまり使っていない




16:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 19:35:05.603 ID:F72kdblv0.net

純文学っていうからには何らかのテーマが込められてるの?




17:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 19:35:34.480 ID:i3qbxaKZ0.net

まあ普通に情景浮かぶよね




18:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 19:35:39.868 ID:0i3p8zWld.net

よくわかんないけど芸人が書いたにしてはちゃんと小説ぽい
日差しの名残を夜気で溶かし~の表現好き





19:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 19:36:07.311 ID:bfe2h1mHa.net

>>1
「浴衣姿の~」から急に適当になってワロタ





20:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 19:36:24.383 ID:LqaASVF/d.net

どういう話なの?




25:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 19:37:17.254 ID:ol5CiXce0.net

>>20
転落人生





21:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 19:36:33.800 ID:zvfZQ/Bf0.net

大地を震わす和太鼓の律動←こんだけで混乱するわ
律動をなんとか読み終えた時にはもうなんの話か忘れてて前に戻ってあ、和太鼓そうそう和太鼓





41:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 19:40:50.193 ID:+4jHyORLa.net

>>21
池沼かな?





22:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 19:36:40.064 ID:Sb+RLhUIa.net

文系って難しい言葉使えばいいと思ってる
読みにくいったらありゃしない





24:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 19:36:45.618 ID:s0WzF1dkd.net

本読みすぎてるからかどこかで見たことある表現が多い




26:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 19:37:20.965 ID:JwJFSbzF0.net

なんかくどい




29:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 19:37:30.184 ID:3eUR1kSL0.net

もっとシンプルに書いてほしい




30:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 19:37:30.472 ID:rln756bS0.net

沿道から草履まで長すぎじゃね




46:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 19:41:49.926 ID:+4jHyORLa.net

>>30
たしかに
前半はうまい





31:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 19:37:35.037 ID:Qlw3ehy10.net

編集の仕事してる俺からすると、確かに本をよく読んでそうな人の文章だけどリズム悪くて読みにくいかな




32:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 19:38:10.732 ID:NT8BeDO+d.net

こいつ見ると、スク水着てjcに「ねぇねぇ、君たちもこういうの着るん・・・? ふふっ笑」って変態犯罪者の再現VTRに出演してたの思い出してしまう




33:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 19:38:14.473 ID:ysyPJhN70.net

いいと思う。それなり




34:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 19:38:18.419 ID:ol5CiXce0.net

遠藤周作っぽい
読んだことないけど





114:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 20:00:41.838 ID:yTMmZ0m10.net

>>34
遠藤周作の文章はもっと綺麗で自然だよ





36:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 19:38:58.462 ID:PnICm1jN0.net

カゲロウのクソさが際立つ




37:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 19:39:40.265 ID:bfe2h1mHa.net

大地を震わす和太鼓の律動に、甲高く鋭い笛の音が重なり響いていた。

これより

大地を震わす和太鼓の律動に響く、甲高く鋭い笛の音。

こうしたほうがよくね?
なんか回りくどいしテンポが悪い





40:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 19:40:49.633 ID:UU9iYXJ20.net

>>37
短歌やってんじゃねえんだぞ





43:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 19:41:02.200 ID:O+1b2h290.net

>>37
ラノベ読んでそう





104:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 19:56:59.603 ID:/DuOYoAya.net

>>37
そっちの方がリズム悪いし文意の主体がずれてる





38:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 19:40:17.360 ID:VYEU2HeI0.net

熱海湾に面した沿道は祭りで賑わっている。

これだけの文章をここまで複雑に書くことに何か意味があるのか
これが純文学ってやつか・・・話よりも語彙を楽しむような本になりそうだな





71:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 19:48:00.810 ID:dEIS3xTc0.net

>>38
それだと日中の熱さが和らいだ空気を感じとれないな





78:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 19:50:33.405 ID:VYEU2HeI0.net

>>71
その空気を感じ取ることが物語にとって重要なら>>1で正解なのかもね
未読なうえ純文学なんて何も知らんくせに偉そうなこと言ってごめんね





93:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 19:54:48.210 ID:dEIS3xTc0.net

>>78
情景が詳細に浮かびやすい文はストーリーにも入り込んでいきやすいからね
ストーリーを簡潔にだったらあらすじ読んで残り1/3読めば良いし





88:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 19:53:52.812 ID:FEGdwZRF0.net

>>78
文に芸術性を求めたものが純文学ですから…
それが不要っていうなら大衆文学と純文学を分ける意味なくなっちゃう





118:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 20:01:55.853 ID:VYEU2HeI0.net

>>88
あぁ、そっか芸術か
その表現が一番しっくり来るねこれ





48:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 19:42:09.659 ID:Tqegd/PUx.net

良いと思うけどちょっと肩に力入りすぎじゃねって感じ




55:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 19:44:04.611 ID:mymR3aSi0.net

熱海の花火大会の夜

でええやん!!





65:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 19:46:46.786 ID:O11e9IK00.net

>>55
情景を浮かばせる文を書くんだよ





116:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 20:01:31.332 ID:mymR3aSi0.net

>>65
違うね
回りくどい表現を情景が浮かぶと表現してるのが純文学であって必ずしも情景が浮かぶ文章ではないんだよ





62:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 19:46:00.380 ID:qZIlIWFT0.net

見た目はもうノーベル文学賞ものだろ




69:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 19:47:48.230 ID:41VRoLX5d.net

>>62
ノーベル賞作家の文章


道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二十歳、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。
修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯の高下駄で天城を登って来たのだった。重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚れながらも、私は一つの期待に胸をときめかして道を急いでいるのだった。そのうちに大粒の雨が私を打ち始めた。


ある真夜中、かれがローテクスの回転式鼻毛切りで、もう生きた足の上に乗っかって塵埃の巷にでてゆくこともない、自分の鼻を、猿の鼻孔さながらに、鼻毛いっぽんはえていないものにすべく、しきりに刈り込んでいると、
おなじ病院の精神科病棟から抜け出てきたのか、通りすがりの気狂いか、ともかく男としてはいようなほど小柄で痩せているのに、ヒゲダルマ風に毛だらけの顔だけ真丸にふくらんだやつが、やにわにかれのベッドの裾に横座りすると、
----いったい、おまえは、なんだ、なんだ、なんだ! と泡を吹いて叫んだ。





64:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 19:46:39.011 ID:bfe2h1mHa.net

ちなみに太田光はどんな評価なの?




67:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 19:46:53.796 ID:GxWx2s0w0.net

森鴎外「大地を震わす和太鼓の律動に、甲高く鋭い笛の音が重なり響いていた。熱海湾に面した沿道は白昼の激しい陽射しの名残りを夜気で溶かし、浴衣姿の男女や家族連れの草履に踏ませながら賑わっている。」




68:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 19:47:16.680 ID:13kPtNvX0.net

>>67
かっけぇ





72:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 19:48:27.670 ID:JOecA8t/d.net

>>67
名作ですね





75:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 19:49:14.036 ID:hgqo+4sV0.net



真っ先に思い浮かんだ情景がこれで笑ってしまったんだが





77:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 19:50:00.941 ID:9Ne/g1RV0.net

>>75
律子太鼓←なぜかへんかんできるやめろ





81:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 19:51:10.104 ID:lmreNHGtd.net

>>75
それな





83:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 19:52:13.966 ID:rln756bS0.net

まあ文章がどうとかどうでもいいんだよな
話が面白いか面白くないかこれだけ





86:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 19:53:18.130 ID:41VRoLX5d.net

>>83
純文学全否定かよ





94:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 19:54:53.426 ID:7LzSAAhUa.net

最初の一文がどうしても野暮ったく感じられてしまう
これって一人称?





100:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 19:56:06.328 ID:41VRoLX5d.net

>>94
一人称だよ





110:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 19:59:27.737 ID:7LzSAAhUa.net

>>100
この後って主人公どこに意識向くの?





115:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 20:00:58.824 ID:41VRoLX5d.net

>>110
沿道の脇にある小さな空間に、裏返しにされた黄色いビニールケースがいくつか並べられ、その上にベニヤ板を数枚重ねただけの簡易な舞台の下で、僕達は花火大会の会場を目指し歩いて行く人達に向けて漫才を披露していた。





120:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 20:03:11.983 ID:mymR3aSi0.net

>>115
ビニールケースってなんだ?
プラケースならわかるけど





123:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 20:05:12.009 ID:VYEU2HeI0.net

>>120
ビールビンが入ってる奴じゃね?
ビールケースの誤字かと





126:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 20:06:23.419 ID:41VRoLX5d.net

>>123
よく分かったな





98:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 19:55:42.566 ID:qxhXnZl80.net

はっきり言って面白くない
読ませる文章じゃない
小説はこのくらいポップじゃないとな






101:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 19:56:37.397 ID:B4BLEnqdp.net

>>98
ライトすぎワロタ





103:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 19:56:59.274 ID:oekbfINv0.net

>>98
読みやすいけど内容がしょーもなさ過ぎる





106:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 19:57:22.232 ID:FEGdwZRF0.net

>>98
すごい





109:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 19:58:36.060 ID:FG5gpzYp0.net

>>98
これはひどい





121:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 20:04:05.421 ID:e1fNemBq0.net

>>98
ひどすぎて変な笑い出た





108:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 19:58:33.026 ID:PzmQW/Gk0.net

>>98
読みやすいノーベル賞とれる





216:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 21:53:04.100 ID:7cmj33Ny0.net

>>108
ライトノーベル賞、ってか





218:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 21:54:02.640 ID:41VRoLX5d.net

>>216
脳減る文学賞





111:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 19:59:42.617 ID:hW7QuKvA0.net

村上春樹「人は、きっと、何かを失う。失いたくないなら、何も得なければいいけれど、そんなことは、出来ない。だから、失うことをあきらめて、恐れずに、得ていくしかないのだ。」




117:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 20:01:40.126 ID:41VRoLX5d.net

>>111
村上春樹

よくいるかホテルの夢を見る。
夢の中で僕はそこに含まれている。つまり、ある種の継続的状況として僕はそこに含まれている。夢は明らかにそういう継続性を提示している。
夢の中ではいるかホテルの形は歪められている。とても細長いのだ。あまりに細長いので、それはホテルというよりは屋根のついた長い橋みたいにみえる。
その橋は太古から宇宙の終局まで細長く延びている。そして僕はそこに含まれている。そこでは誰かが涙を流している。僕の為に涙を流しているのだ。





112:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 19:59:48.444 ID:yTMmZ0m10.net

>熱海湾に面した沿道は白昼の激しい陽射しの名残りを夜気で溶かし、浴衣姿の男女や家族連れの草履に踏ませながら賑わっている。


この辺くどすぎ気取り過ぎて無理
もっと自然な文章書けないの?

踏ませながらってセンスなさすぎ





119:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 20:02:50.912 ID:hgqo+4sV0.net



大地を震わす和太鼓の律動に、甲高く鋭い笛の音が重なり響いていた。
熱海湾に面した沿道は白昼の激しい陽射しの名残りを夜気で溶かし、浴衣姿の男女や家族連れの草履に踏ませながら賑わっている。




文章を見た瞬間にこの情景を鮮明に頭に浮かばせたんだから才能あるんじゃね???





122:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 20:04:14.789 ID:sBC+4COb0.net

>>119
和太鼓の律動しか読んでねーだろ





129:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 20:07:51.748 ID:hgqo+4sV0.net

>>122
せやな





136:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 20:13:31.849 ID:iIlPt7Fs0.net

便覧に乗ってても違和感ないわ






138:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 20:16:44.545 ID:qxhXnZl80.net

>>136
いかにも書いてそうな風貌だよな





142:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 20:20:50.179 ID:eoKQwxcb0.net

やれやれ、僕は射精した。




143:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 20:21:34.818 ID:TjptWg250.net

芸人てやたら文章力あるんだよなぁ
ひとりの陰日向に咲くも結構良かった





147:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 20:25:12.020 ID:LZM4sVaW0.net

お前らにはこのレベルがぴったりだろ






151:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 20:26:47.173 ID:JRFboY2fr.net

>>147
おお・・・





152:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 20:27:08.700 ID:aHfc2ObV0.net

>>147
イズルかと思って案の定イズルで安心した





163:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 20:36:31.495 ID:czb0RKL/0.net

文学と小説の違いってなんだよ




172:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 20:39:55.339 ID:41VRoLX5d.net

>>163
文学と小説はどっちも同じ

大衆文学…娯楽
純文学…芸術





167:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/05/11(月) 20:37:24.673 ID:3QwbJEF+d.net

純文なんて読まない自分には読みにくくてしょうがない




元スレ ピース又吉『火花』の冒頭の文章wwwwwwwwwwwwwwwwww(2ちゃんねる.sc)

おすすめリンク(外部)





ラビット速報からのお知らせ




  • 2015年05月12日 00:33 |
  • カテゴリー :ラノベ



今月の人気記事ランキング!


    コメント一覧

      • 51. 名無しのうさぎさん
      • 2015年05月12日 02:16
      • よくわからんけど読みにくい
        最近本読んでないせいか
      • 52. 名無しのうさぎさん
      • 2015年05月12日 02:17
      • 又吉さんて、なんで芸人になったんだろう
        いや、ピースのコントは3つか4つくらい?見たことあってふつうにおもしろかったけど…
        単純に疑問
        本や文学に携わる仕事を第一に考えてはいなかったのかな
      • 53. 名無しのうさぎさん
      • 2015年05月12日 02:17
      • 1文や2文で判断できんよな正直

        たくさんの文の持つ雰囲気が一貫してて、物語になったとき雰囲気になると思うわ
        村上春樹がすごいのってそういうとこちゃうん?俺評論家でもないけど
        ノルウェイの森の一貫して退廃的な救いのない雰囲気とか強烈で忘れられへんな

        この人も物語書いたらいい感じになるかも
        ならんかもしれんが

        ミステリー作家の東野圭吾はとにかく分かりやすい文書くのがスゲーしな
        純文学なんてわかりやすい文で書いたら全く中身なくなりそうww
      • 54. 名無しのうさぎさん
      • 2015年05月12日 02:17
      • 漫才だって落語だって文学だって掴みが大事。
        掴みは聴き手、読み手が構えない様に、且つ引き込まれる様にシンプルに入らなきゃダメよ。

        「シンプルに」「引き込ませる」のが技術。
        テンポ、リズムもそう、それが無い。

        この人はそれが解ってないんだなぁー(お察し)、としか言えない。
      • 55. 名無しのうさぎさん
      • 2015年05月12日 02:17
      • とりあえず、全部読んでから文句言ってやれよ
      • 56. 名無しのうさぎさん
      • 2015年05月12日 02:19
      • >>34
        村上春樹が評価されてんのは文章の能力じゃないよ
        まさか君は有名な小説家が全て文章がちゃんとしてると思ってるの?w太宰治とかに今頃生きてたら笑われるなw

      • 57. 名無しのうさぎさん
      • 2015年05月12日 02:20
      • ※53
        読みづらく書くのが純文学では無い。

        散々列挙してるだろ、バカか?
      • 58. 名無しのうさぎさん
      • 2015年05月12日 02:21
      • スッキリ読める文も好きだけど、これくらいクドくてコッテリした文も嫌いじゃない
        無駄に盛り込んだ感じや冗長さが逆にいい
      • 59. 名無しのうさぎさん
      • 2015年05月12日 02:27
      • このスレを見たやつで又吉ほど本読んでるやつなんていないんだろうなあ
        よく評論家気取って上から目線でぐちぐち言えるわ
      • 60. 名無しのうさぎさん
      • 2015年05月12日 02:41
      • この書き出しがまさにその「僕、たくさん本読んでます」アピールでしか無いんだよな

        だからダメなんだってば(笑)
      • 61. 名無しのうさぎさん
      • 2015年05月12日 02:49
      • 又吉って読書家で通算2000冊読んだって自慢してるけど、通算2000冊ってそんなに凄い量なのか?


      • 62. 名無しのうさぎさん
      • 2015年05月12日 02:49
      • 自称小説家(笑)達が偉そうに批評してて草
      • 63. 名無しのうさぎさん
      • 2015年05月12日 03:01
      • ゴミしかいない スレも※欄も
      • 64. 名無しのうさぎさん
      • 2015年05月12日 03:05
      • 又吉が読書家だとか関係無いんだよ。
        松本人志が映画を沢山観たからって面白い映画作れるかとは別の話。

        この序文から観える情景は必死な又吉の姿だけなんだもん(笑)
        こんなリズム悪くて長たらしく、くどい表現の文章はタダでも読む気が失せる。
        他に読むべきものはいくらでもある。

        本当に実力のある文章が書ける様になったら「おっ、買って読んでみるか」ってなるよ。
        現状じゃ、水嶋ヒロ買った人と読者層同じでしょ。
      • 65. 名無しのうさぎさん
      • 2015年05月12日 03:06
      • 単に読みにくいだけで引き込まれねーわ
        白昼とかいらねーし
        激しい陽射しの名残りを夜気で溶かし、
        だけで今が夜であることも昼間は暑かったこともイメージできる
      • 66. 名無しのうさぎさん
      • 2015年05月12日 03:10
      • 「猫の目線から見た、真面目だけどもどこかおかしなユーモアある物語」
        ってのをいきなり見事に表現した
        「吾輩は猫である。名前はまだ無い。」って出だしは秀逸以外の何物でもない

        「現実世界を舞台に、儚さ、美しさ、哀しさ、無常を幻想的なほど繊細に描写した物語」
        ってのをいきなり見事に表現した
        「国境の長いトンネルを抜けると、そこは雪国であった。」ってのもスゲー出だし。

        好意的に解釈するなら
        又吉の物語は
        「(実力が正義、他人に無関心な現代都会と逆行する)人情、古き良き時代、人が本来持つ温かさ」が主題の物語かな(クソ適当

        というか芸人と文豪レジェンド比べたんなやww
      • 67. 名無しのうさぎさん
      • 2015年05月12日 03:14
      • ※65
        本当にいちいちしつこい、くどい文章。
        情景を伝えるのは全部詰め込む事じゃないんだから。
        本人の癖かしらんが文学以前の問題だし、こういうのは出版社も指摘して直させるべきなんだけど。
      • 68. 名無しのうさぎさん
      • 2015年05月12日 03:21
      • 大地を震わす和太鼓の律動に、甲高く鋭い笛の音が重なり響いていた

        抜粋した箇所にもよるけど、読みづらいよ。
        甲高く鋭い笛の音なんて言われたら
        「かさ鳴り響いていた」に変換されてしまう。
      • 69. 名無しのうさぎさん
      • 2015年05月12日 03:22
      • ※66
        解りやすく挙げただけであって、何でもそうよ。

        文学もビジネス文書もメールも論文もそう、
        無駄にくどい文章は論外。

        これに関しては又吉とか関係無く正直酷い。
        理由はもう散々みんな書いてるけど
        こんな序文じゃもう読まんて。
      • 70. 名無しのうさぎさん
      • 2015年05月12日 03:27
      • こいつスペック凄すぎ!
        本も書けてサッカー上手くて笑いのセンスもある。
        俺に少し分けてください。
      • 71. 名無しのうさぎさん
      • 2015年05月12日 03:29
      • 103:美香(東京都) :2008/09/15(月) 10:23:38.24 ID:4M2IYIFz0 [じょうだんだもっ♪sage]
        ∋*ノノノ ヽ*∈
         川´・ω・`川 多分ここの低能どもは、川端康成の書いたものでも
                  同じように的外れな煽りするんだろうね(w

        294:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(長屋) :2008/09/15(月) 11:28:56.01 ID:P7tCms620 [sage]
        嘘のように多い星は、見上げていると虚しい速さで落ちつつあると思われるほど、あざやかに浮き出ていた。星の群が目へ近づいて来るにつれて、空はいよいよ遠く夜の色を深めた。

        どうでしょ

        302:美香(東京都) :2008/09/15(月) 11:32:02.40 ID:4M2IYIFz0 [じょうだんだもっ♪sage]
        >>294
        ∋*ノノノ ヽ*∈
         川´・ω・`川 嘘のように、というのが陳腐。
                  虚しい速度って何。
                   星の群が目へ近づいてくる~も意味不明。

        304:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(長屋) :2008/09/15(月) 11:33:31.77 ID:P7tCms620 [sage]
        >>302
        川端康成 (雪国より抜粋)

        川端先生を酷評ですか・・・さすがですねwwwwwww

        335:美香(東京都) :2008/09/15(月) 11:46:00.04 ID:4M2IYIFz0 [じょうだんだもっ♪sage]
        ∋*ノノノ ヽ*∈ 
         川´・ω・`川 それが川端康成(笑)の文章だってうちは知ってたんだけどね。
      • 72. 名無しのうさぎさん
      • 2015年05月12日 03:31
      • 使命感を感じたので
        とりあえずこのコピペだけ貼って寝よう
      • 73. 名無しのうさぎさん
      • 2015年05月12日 03:35
      • 純文学ってそんな重く読むものでもなくね?
        正直ニュアンスで読むものだろ
      • 74. 名無しのうさぎさん
      • 2015年05月12日 03:35
      • 言葉のチョイスはむしろラノベっぽい
        『大地を震わす』『律動』『甲高く鋭い』『重なり響いていた』
        装飾過多なわりに情報は増えてないし
      • 75. 名無しのうさぎさん
      • 2015年05月12日 03:38
      • むしろスラスラ読める人間からしたらラノベの方が読みにくいんだが
        ラノベの方が読みやすいって言ってるやつは間違いなくラノベももスラスラ読めんだろ
      • 76. 名無しのうさぎさん
      • 2015年05月12日 03:41
      • 作家顔
      • 77. 名無しのうさぎさん
      • 2015年05月12日 03:43
      • ※4
        リズムって言ってるけど読みなれてないだけだよ
        型通りの文章
      • 78. 名無しのうさぎさん
      • 2015年05月12日 03:48
      • ※71
        したり顔でこのコピペ持ち出す時点で頭が悪いんだよなぁ

        雪国の序文がこれだったらアウトだろ。
        今は散々書き出しの話をしてる意味が理解出来てない。

        もう一度、雪国の序文見ろ。
        んで、このコピペ部分はどうか?
        前後の掛け合いとの対比、動と静を引き立ててる。
        リズムの話とか序文の意味合いの話をしてるのに文盲だろ、お前は。
      • 79. 名無しのうさぎさん
      • 2015年05月12日 03:50
      • これ誉めてる奴って...
      • 80. 名無しのうさぎさん
      • 2015年05月12日 03:53
      • 結構読みやすい文章だと思うけどな
        売れてるし文庫になるだろうからそしたら読んでみようかな
      • 81. 名無しの三島由紀夫さん
      • 2015年05月12日 03:55
      • 俺は又吉が好きだ。彼の顔も。文学観も。
      • 82. 瀬戸内寂聴
      • 2015年05月12日 03:56
      • また良し悪し
      • 83. 瀬戸内寂聴ちゃん
      • 2015年05月12日 04:03
      • 通算2000本安打を露呈した私のヴァギナはまさに星々を観測していた母子家庭を称賛するがごとく今まさに破門された僧侶たちの赤壁となるのであった…。
      • 84. 瀬戸内寂聴たん
      • 2015年05月12日 04:09
      • 彼のオチンぽミルクはノルウェーの白夜から放たれる煌(きら)めく窒素の淡々とした埃陰であり砂漠をさ迷う名のなきバイキングの子孫たちの名残りのごとき白さを持ったカルピスであった。
      • 85. 名無しのうさぎさん
      • 2015年05月12日 04:10
      • ※83
        これ見て解ったわw

        又吉のは「ただ言いたいだけ」の文書だから伝わってこないんだって事が
      • 86. 名無しのうさぎさん
      • 2015年05月12日 04:13
      • ※78が手本見せてくれるぞ
        コメ欄に最初から張り付いてる文豪の登場だ!

        お題(冒頭)
        大地を震わす和太鼓の律動に、甲高く鋭い笛の音が重なり響いていた。熱海湾に面した沿道は白昼の激しい陽射しの名残りを夜気で溶かし、浴衣姿の男女や家族連れの草履に踏ませながら賑わっている。

        ただしストーリーは※78の自由
      • 87. 名無しのうさぎさん
      • 2015年05月12日 04:29
      • 別に小説家じゃないんだからいいんじゃないの
        芸人でこれだけ書けたら大したもんよ

        あと、純文学だから小難しいとかテンポ悪くて当然というのは間違いだ
        表現の美しさももちろん要素としてはあるが、文章の美しさの最たるものとは機能美であると思う
        より短い文章で、簡潔な表現で、適切且つ十分に情景や心象を描写することの美しさ
        それにはやや欠けるが、素人が書いたにしてはいい出来だと思う
      • 88. 名無しの高田ジャパネットさん
      • 2015年05月12日 04:36
      • 又吉!!

        金返せ!!!
      • 89. 名無しのうさぎさん
      • 2015年05月12日 04:55
      • まあ素人としてみたら又吉は水嶋ヒロと良い勝負してるよ

        それを読むかって言われたら読まんけど
      • 90. 名無しのうさぎさん
      • 2015年05月12日 05:30
      • お出ましィィィィイ!?でクッソワロタ

        読みやすくて文章も美しい夏目漱石がナンバーワン
        こころで友人の死体みた瞬間この先の人生がどうのこうの目の当たりにしたみたいな表現が凄まじかった
      • 91. 名無しのうさぎさん
      • 2015年05月12日 05:32
      • 普段ラノベしか読んでないやつばっかだなw
      • 92. 名無しのうさぎさん
      • 2015年05月12日 05:35
      • 2文目はともかく1文目はめちゃくちゃ情景分かりやすくて読みやすいぞ。

        >大地を震わす和太鼓の律動に、甲高く鋭い笛の音が重なり響いていた。
      • 93. 名無しのうさぎさん
      • 2015年05月12日 05:50
      • 悪文かは知らんけど嫌いな文章だな。
        英語の影響か、「沿道が〜踏ませてながら賑わう」っていう、無生物を主語にした表現とか。
        日本語は日本語の書き方に徹すればいいと思う。
        文学界の記録を塗り替えたっていうけど、単に芸人さんが出しているからでしょ。
        純文学の世界に興味はないけど、そういう状況を「どうせ売れないんだから売ってやれ」と開き直るプライドのなさは悲しいことだね。
      • 94. 名無しのうさぎさん
      • 2015年05月12日 05:55
      • 又吉かっちょいい~~!

        顔が。
      • 95. 名無しのうさぎさん
      • 2015年05月12日 05:55
      • 芸人としてはあまり面白くないから、こっちで食ってけばいいんじゃね
      • 96. 名無しのうさぎさん
      • 2015年05月12日 06:00
      • 読書が趣味な自分からすれば、かなりひどい悪文だと思ったのだが…好みのよるのか?

        純文学で良いものは一行目から面白いよ
      • 97. 名無しのうさぎさん
      • 2015年05月12日 06:13
      • ラノベ大嫌い君が必死にわかってる振りしてるみたい
      • 98. 名無しのうさぎさん
      • 2015年05月12日 06:32
      • 無生物が主語って、純文学でよくやる方法でそ?
        慣れの問題じゃね?
      • 99. 名無しのうさぎさん
      • 2015年05月12日 06:46
      • 芸人が書いた、という話題性があるにしても、ここんとこ毎週トップテン入りしてるのはすごいと思う。
      • 100. 名無しのうさぎさん
      • 2015年05月12日 06:58
      • 現代の作家では北村薫とかきれいな文章書くと思う。
        学校の先生だったこともあって、内容は文学的でも表現は平易でリズムいいし好き。
        そこらの現代文学の作家よりもうまいと思う。
      • 101. 名無しのうさぎさん
      • 2015年05月12日 07:25
      • 結構上手いと思う ただ面白そうとは冒頭では思えん
        内容は芸人に関連することらしいから芸人が芸人の小説書いてるってだけ
        もしも芸人に全く関連しない小説を書けるようになったら又吉はその時小説家になる
      • 102. 名無しのうさぎさん
      • 2015年05月12日 07:31
      • 純文学好きだけど
        最近の作家はみんな自意識がちらついて読みにくい
        川端康成とか三島由紀夫はほんと読みやすい
        伊豆の踊り子や金閣寺はするする読める
        又吉の自意識やばい悪文とは違う
        金井美恵子くらいやるならわかるが単に読みにくいだけだ
        でもその違いすら芸術だからとみんな一緒くたにされてる
        芸術は小難しけりゃいいわけじゃない
        でも又吉とか最近の純文学作家はそれでいいと思っている
        昔は真面目な自己嫌悪の産物だったが、今の文学はナルシストの遊びでしかない
      • 103. 名無しのうさぎさん
      • 2015年05月12日 07:37
      • まさに意識高い系
      • 104. 名無しのうさぎさん
      • 2015年05月12日 07:37
      • こいつらこの程度でテンポ悪いだのクドイだの言ってたら、村上春樹はどうなるんだよ
        ぼーっとしていた、の描写に三行以上かけて書いてるんだぜ
      • 105. 名無しのうさぎさん
      • 2015年05月12日 07:41
      • おでましいぃぃぃ!?
      • 106. 名無しのうさぎさん
      • 2015年05月12日 08:06
      • >>7 >>8
        おまえらが相当頭悪いって事は良く解った。
      • 107. 名無しのうさぎさん
      • 2015年05月12日 08:22
      • 重複表現がひどいんで、少し直すとするとこうなる。当方、下読みのプロ


        「大地を震わす和太鼓の律動に、甲高く鋭い笛の音が重なり響いていた。熱海湾に面した沿道は白昼の激しい陽射しの名残りを夜気で溶かし、浴衣姿の男女や家族連れの草履に踏ませながら賑わっている。」
            ↓
        「大地を震わす和太鼓の響きに甲高い笛の音が重なり、熱海湾に面した沿道は、激しい日差しの名残を夜気が溶かし、浴衣姿の若いカップルや家族連れの草履が踏みならして賑わっている」
      • 108. 名無しのうさぎさん
      • 2015年05月12日 08:24
      • ※107
        酷くなってる気がするんだが。
      • 109. 名無しのうさぎさん
      • 2015年05月12日 09:04
      • 米107何で一文にまとめちゃったの?言葉数は減ってるけどダラダラ長いし点多すぎて逆に読みにくい
      • 110. 名無しのうさぎさん
      • 2015年05月12日 09:20
      • 純文学とラノベって、クラシックとJPOPくらいの違いがあるのに同じ音楽という括りでお互い批評するからグダグダになる。
      • 111. 名無しのうさぎさん
      • 2015年05月12日 09:32
      • 叩かれ歓迎で書くが
        この文章を凄いと言える奴ほど本読んでないと思う。
        教科書の小説しか知らないんじゃない?
        この本読んでないから出だしだけでしか判断できないけど、
        この書き出しで、本当に続きを読みたいと思うか?
        情景描写だけでこんなに大袈裟なら、心理描写はもっと大仰なんか?
        熱の入りすぎた、いかにも素人の文章じゃん。プロの目は冷めてるぞ。
      • 112. 名無しのうさぎさん
      • 2015年05月12日 09:33
      • 自称読書家が偉そうに講釈垂れてて笑える
        レジェンド文豪と比べられるとか偉くなったな又吉
      • 113. 名無しのうさぎさん
      • 2015年05月12日 09:42
      • 普通にスラスラ読める。ドイツの哲学書の訳本よりよっぽど分かりやすい。ただ、続きを読みたいとは思わないけども。
      • 114. 名無しのうさぎさん
      • 2015年05月12日 09:45
      • ※102
        三島文学なんて、三島の自意識と三島的美学や価値観の塊じゃないか。
      • 115. 名無しのうさぎさん
      • 2015年05月12日 11:21
      • 全く本を読まない自分だけどいい本てサラサラと情景が頭に入ってくるんだね。
        火花 はくどいかもしれないけどいいと思った。
        純文学興味湧いてきたなー。
      • 116. 名無しのうさぎさん
      • 2015年05月12日 11:50
      • 又吉は典型的な勘違いサブカル女キラーで大嫌いだけど、
        文は水嶋ヒロと比べると大分マシだな。
      • 117. 名無しのうさぎさん
      • 2015年05月12日 11:52
      • 和太鼓ドンドン。笛が鳴る。
        かーっ、五臓六腑にしみ渡る響きだぜ。
        昼間は暑かった熱海湾が夜になって、少しは涼しくなった。
        浴衣を着た人達でにぎわっているうんたら……
      • 118. 名無しのうさぎさん
      • 2015年05月12日 12:01
      • >>142
        生えた
      • 119. 名無しのうさぎさん
      • 2015年05月12日 12:08
      • 漫画しか読まない奴に限って色々と五月蝿い
      • 120. 名無しのうさぎさん
      • 2015年05月12日 12:22
      • 評論家気取り多いな
        純文学こそ好みが分かれるものだから好き嫌いでいいだろ
        まあこの文は嫌いだけど
        芥川とか漱石は読みやすい
      • 121. 名無しのうさぎさん
      • 2015年05月12日 12:26
      • 普通に読めるし情景もわかる
        普段からラノベしか読んでない人には難しいのかもしれない
      • 122. オランダ
      • 2015年05月12日 13:17
      • 又吉、すごい!芥川や川端ヤスなりと肩が並んだ!
      • 123. 名無しのうさぎさん
      • 2015年05月12日 13:25
      • こんなん純文学ですらないゴミ
      • 124. 名無しのうさぎさん
      • 2015年05月12日 13:58
      • 又吉は好きだけど、文章は読み辛くてしょうがない…がっかり。 
        そもそも「夜気」がどんな空気なのかの説明もないまま
        詳細に芸術的に説明してるっていうのはどうかと思う。
        夏の祭りの日なのに空気は冷たいのか? 祭の夜なら熱くないのか?
        そもそも溶かされるのは「夜気」であって夏の名残の熱ではないのでは?
        芸術的に表現するより先に小説と言う媒体のむずかしさを解ってないよ
        あと又吉自身、夜の空気や夏の日の体験をあまりよくしてないから
        描写が本当にふわふわしててリアル感がでてないよ。又吉もっと祭とかいけよ…。
        ずっと家に引きこもって本読んでてもいい作品かけるわけじゃねーんだぞ…
         
        又吉の文章は本を読みこんだ人のそれだけど、小説を書く人の文章ではない。
        でも語彙が多いし言い回しも工夫してるから、きっと次回作は素晴らしいと思う。たぶん。
      • 125. 名無しの尚子さん
      • 2015年05月12日 14:12
      • 香山リカよりは人から好かれてるってことが分かった!
      • 126. 名無しのうさぎさん
      • 2015年05月12日 14:25
      • くどいし情景描写もおかしいわ
        大地が震え、笛の音が甲高く鋭く、って大仰すぎる
        主人公の居る位置考えたら届く音は拡散して柔らかいはず
        頭痛が痛くなってくるわ
      • 127. 名無しのうさぎさん
      • 2015年05月12日 14:43
      • The過大評価
      • 128. 名無しのうさぎさん
      • 2015年05月12日 19:27
      • 大地を震わす和太鼓の律動に、甲高い笛の音が鋭く響いていた。熱海湾に面した沿道では、浴衣姿の男女や家族連れの賑わいが通り過ぎていく。白昼の激しい陽射しの名残りが生ぬるい夜気で溶かされて、ぞろぞろと草履で踏みつけられていく。
         沿道の脇にある小さなスペースに黄色いビールケースを裏返しに並べて、ベニヤ板を載せただけの舞台の上で、僕達は花火大会会場を目指し歩く人の群れに向かって漫才をしていた。
        「うちのサイがねー。」
        「君のところ、動物飼うてんのかいな?」
        「サイ。妻。女房。奥さん。山ノ神。」
        「ありゃサイ言うより、カバやがな。」
      • 129. 名無しのうさぎさん
      • 2015年05月12日 21:44
      • ジャンルが違うから比較するものじゃないかもしれんが正直最近読んだ中じゃさだまさしの小説の方がおもしろかった
      • 130. 名無しのうさぎさん
      • 2015年05月12日 21:50
      • 和太鼓は大地を震わせ、笛の音が甲高く響いている。
        浴衣姿の賑わいが通り過ぎる。

        沿道の脇の小さなスペースに、僕らはビールケースとベニヤ板の舞台の上に立っていた。
        「うちのサイがねー」
        「君のところ、動物飼うてんのかいな?」
        会場を目指す人の群れは、僕らの漫才には脇目も触れない。
        サイ、妻、女房。奥さん。山ノ神。
        ありゃサイ言うより、カバやがな−−。


        これくらいからっとした文が好きなんだけどどう?
      • 131. 名無しのうさぎさん
      • 2015年05月12日 23:02
      • こいつら冒頭部分で分かった気になってんな
      • 132. 名無しのうさぎさん
      • 2015年05月16日 05:18
      • >>130
        読みたいと思った本でも結局は読まないような人間だが
        上から二行目の浴衣~の部分はもっといろいろあってもいいと思った
        すっきりし過ぎてるように思える
        あるいは、浴衣~の文はそのままで、一行目と二行目の間に何か挟んでみてもいいかもしれない
      • 133. 名無しのうさぎさん
      • 2015年05月23日 20:56
      • 今までライトノベルは中学生の読み物だから仕方ないと思ってたけど、
        それを読んで面白い思うような子どもたちが、いずれ大人になった時にまともな本を読めるようになるのか不安になった
      • 134. p
      • 2015年06月19日 13:24
      • 冒頭でずっこけたっす。まじがっかり。 私の方が舌苔ジョーズですね。
      • 135. 名無しのうさぎさん
      • 2015年07月11日 07:46
      • 確かに冒頭は????だった。これが純文学ってやつなのか・・・関西弁の会話のテンポがリズムあってどんどん
        読めたよ。二人の会話も良かったね。最後のおちは、えっ?て思ったけど、、、。雑誌のコラムは好きで読むよ。
        太宰が好きなのか。私は十代の時に読んで自殺しようかと思ったくらい落ち込んだわ。
        文の芸術なのか・・・・。文学は・・・・。こういう世界もあるんだな・・・・。なかなか芸術的な文章だった。教科書に
        出てきそうだ。このときの主人公の気持ちは?とか・・・・。一気に読めたわ。テンポが良かったし。
        雑誌のサッカーの話しのような人なんだと思って読んでた。太宰好きってのも考慮して。
        又吉のキャラがわかったよ。芸人ってこんな感じなんだな・・・・・・・勉強になったわ。面白いね。
      • 136. 名無しのうさぎさん
      • 2015年07月16日 21:03
      • >>65
        >>116
        ネタに対してもこのマジレス
        さすが文系(笑)
      • 137. 名無しのうさぎさん
      • 2015年07月17日 08:25
      • どこかで読んだ文章をパクったようにしか見えない
        むしろ会話部分と情景部分の担当が別にいる気がした
        会話が又吉、情景がゴーストなのかね
      • 138. 名無しのうさぎさん
      • 2015年07月17日 14:41
      • 映像が浮かんでくる文章。映画化決まってるだろうし、眉山とかの監督に撮らせたらええ。
        気になって本屋でペラペラめくっただけだが、徐行運転みたいな速度の文で俺は読めないなって思った
      • 139. 名無しのうさぎさん
      • 2015年07月17日 15:07
      • 芥川賞作家の大先輩宇能鴻一郎先生を目指してほしいね
      • 140. 名無しのうさぎさん
      • 2015年07月18日 04:49
      • この冒頭一文でセンスのなさが分かったから読んでない
        けど芥川賞もとったし読んでみるかと思いきややっぱり読まないパターンだな
        本は縁とタイミングがあるから二年後くらいに読むよ
      • 141. 名無しのうさぎさん
      • 2015年07月21日 13:16
      • 水嶋ヒロと戦わせよう
      • 142. 名無しのうさぎさん
      • 2015年07月21日 21:03
      • 小説って表現が大袈裟でうざい。

        熱海の花火大会の夜って書いてくれれば、情景を想像しやすい。

        ま、そういう表現をする事で主人公の心情を表してるってのと分かるけど。
      • 143. 名無しのうさぎさん
      • 2015年07月22日 12:34
      • この一文読んでめちゃくちゃ失望したが、 それでも読み続けた俺の感想が聞きたい奴いたら感想あげる
      • 144. 名無しのうさぎさん
      • 2015年08月08日 00:18
      • 何かいちいち立ち止まって頭で文章から情景想像するのにワンテンポかかる感じ。
        もっと自然に読めないとストレス溜まりそう。
      • 145. 名無しのうさぎさん
      • 2015年08月10日 01:10
      • あまり上手い文章じゃないよ。
        装飾が多すぎて力点がぶれてる。
        谷崎の痴人の愛が好きとか言ってたけど、それでこれなら、練習が足りてない。
      • 146. 名無しのうさぎさん
      • 2015年09月18日 15:54
      • さりげなく文系叩きがいるが、難しい言葉なんて使っていないし、これを難しいと感じるなら論文読めないだろ。
      • 147. 名無しのうさぎさん
      • 2015年09月22日 04:08
      • 思想のあるものが文学

        思想のないものが文芸
      • 148. 名無しのうさぎさん
      • 2015年10月10日 03:17
      • 詩文を気取った散文
      • 149. 名無しのうさぎさん
      • 2016年01月04日 11:12
      • 読みにくい。
      • 150. 名無しのうさぎさん
      • 2016年07月10日 21:47
      • 漫才師の話なんだよね、
        違うテーマなら凄いと思うけど。

        本好きで、ある程度文章を作るのが上手いひとが
        自分の人生書けばだれでもできるよね。

        手間はかかってんだろうけどさ、
        こんな事できる余裕はあるんだよこのひと。
    コメントする
    名前
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...