織姫「い、イイのぉ!彦星のよりずっと気持ちイイのぉっ!!」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 07:21:43.97 ID:gk4SQ7sN0

頼む
www_dotup_org1766507

4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 07:22:39.60 ID:mqpA01JR0

ちょっと興奮した


5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 07:22:56.02 ID:Ues2gYT50

NTR…


7: 忍法帖【Lv=23,xxxPT】 :2011/07/07(木) 07:23:22.21 ID:7P9/a+7H0

一年に一回しか会えないからな

そりゃ浮気もするわな


8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 07:23:23.01 ID:Tmu1zsD+0

まず相手が誰かにもよるな


9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 07:23:56.21 ID:IhEgOFq80

赤コーナアアアアアア
オオオオオオオオオオリイイイイイイヒイイイイイイイイイメエエエエエエエエエエ!!!!!


12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 07:24:41.83 ID:ja100dEY0

彦星(あれ、フィット感が違う…)


17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 07:25:52.85 ID:nhEzf3pR0

>>12
ワロタ


15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 07:25:36.44 ID:gk4SQ7sN0

彦星が一年ぶりに会いに行ったら、織姫がDQNに突かれて喘いでる場面だったっていう設定でお願いします


18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 07:26:19.07 ID:UAFpOQkS0

参考画像をくれ
そうしたら、イメージ湧いて書いてくれる奴がいるはずだ


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 07:26:45.55 ID:OwGMkWMd0

個人的に相手はデネブでお願いします


23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 07:28:16.49 ID:Wq6T08bv0

>>19
まさに三角関係だな


25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 07:29:36.87 ID:/zOBRPQB0

>>23
だれうま


27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 07:30:08.36 ID:gk4SQ7sN0

>>23
もうお前でいいからかけよ


38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 07:34:32.41 ID:89Qqwlb00

>>23の願いがかないますように


90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 10:19:16.73 ID:Xt0+o4jR0

>>23
好き


20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 07:27:31.56 ID:PwgbzIaR0

織姫と彦星の間に間男のミルキーウェイが流れてるわけか


21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 07:27:33.90 ID:V5TDlg+v0

織姫「デネブの気持ちィィィィ」


22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 07:27:47.84 ID:mqpA01JR0

彦星も他の女とズコバコやってるんだろうな


24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 07:29:25.47 ID:4lkJGJqRO

まさか牛と……


28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 07:30:09.09 ID:PwgbzIaR0

彦星『織姫のここ、もう天の川みたいにグショグショだよ…』


31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 07:31:55.35 ID:dr7f0JzE0

全く…おまえら
もっとやれ


32: 忍法帖【Lv=33,xxxPT】 :2011/07/07(木) 07:32:20.63 ID:oFCxUw5g0

                アレガ 。
                    / \     アレガデネブアルタイルベガ、君が指さす夏の大三角
                   /    \
                 /       \
           デネブ  。          。 ベガ
                \         / 
                  \       /
                   \     /
                     \   /
                      \ /
               アルタイル   °


35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 07:32:51.35 ID:nhEzf3pR0

>>32
これ、おまん…


43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 07:38:48.78 ID:aZE5YTve0

>>32
こんなんで笑うって疲れてんのかな…
デネブのキャラがもっとしっかりすれば書くかもしれん、今のところ電王しか出てこない


95:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 10:49:50.53 ID:G65/GLeK0

>>32
くそ・・こんなので笑ってしまった・・

アレガってなんだよ・・


123:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 14:15:01.70 ID:AC0hxSPe0

>>32
くそっwwwwwくそぉぉぉぉwwwwww


33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 07:32:38.47 ID:nD3lU2FZ0

彦星へ、椎茸ちゃんと食べて


42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 07:37:35.46 ID:aHi/G9Wa0

>>33
みんなお前のこと忘れても俺は覚えてるから!


34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 07:32:47.52 ID:2++8N3610

彦星「デエエエェェネエエエェェヴウウウウゥ!」


39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 07:34:38.48 ID:8oE+mE5OO

織姫「おちんぽミルクいっぱいでミルキーウェイになっちゃうぅううううう」


44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 07:39:13.28 ID:EOZTG6Vy0

織姫とか言われると鰤のキャラしか思い浮かばない


45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 07:39:43.57 ID:gk4SQ7sN0

デネブって名前的にデブのキモオタでいいよ
頼む


46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 07:40:10.09 ID:4mqq2IpE0

おまえらの妄想力には感服するわ


47: 忍法帖【Lv=28,xxxPT】 :2011/07/07(木) 07:41:18.90 ID:bwGY9bCS0

朝からなんだか元気がでた


49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 07:43:30.11 ID:RsM1VHHs0

彦星「…」(シュッシュッシュッ)


57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 08:21:18.12 ID:r8EDh8u60

>>49
会えないあまりオナニストになる彦星か


52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 07:57:56.70 ID:JhCQWNGh0

あいつらテレホンセクロスしてるから


53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 08:00:23.70 ID:UAFpOQkS0

>>52
今はスカイプだろ…


55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 08:19:39.80 ID:qIVv1orV0

デネブはハゲでデブの資産家であり彦星の叔父
セックスはねっとりこってりテクニシャン
この設定で行こう


59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 08:21:42.40 ID:aHi/G9Wa0

>>55
タイトルは
織姫さんの惑星事情で決まりだ


61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 08:24:53.08 ID:qIVv1orV0

>>59
NTRはやっぱ汚いおっさんじゃなきゃな


56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 08:20:34.23 ID:EwrwZ1DV0

ソレッタちゃんと一緒にシエスタしたいよおおおおおおおおおおおおおおおおおおお


65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 08:36:53.75 ID:yqIB68SO0

デネブ「彦星なら来ないよお嬢さん」

織姫「え?」

デネブ「彦星は借金の返済のためにあんたを売ったんだよ」

織姫「いや、わけがわかりません……あなたはどちら様ですか?」

デネブ「彦星の遠い親戚でね、ほらこれ借用書と誓約書。『織姫をデネブの所有とする』ってあるだろ?」

織姫「そんな……私、いやです」

デネブ「まあ立ち話もなんだし天の川まで行こうや。夫婦水入らずでな?」


67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 08:41:35.90 ID:3H0/7XO30

最初に言っておくオレはかーなり強い(性欲が)


70: 忍法帖【Lv=3,xxxP】 :2011/07/07(木) 08:49:32.02 ID:+Ta8Ht8WO

一護「なんだ…このスレ……どうなってやがるっ!?」


71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 08:49:44.75 ID:EaVzGGOX0

織姫「い、イイのぉ!一護のよりずっと気持ちイイのぉっ!!」


76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 09:10:55.53 ID:ZExntUmpO

>>71
いちご「月島ぁああああ」


72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 08:52:10.51 ID:8FXXZKyn0

デネブ「優斗のあれがはいってるぅ」


73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 08:52:40.99 ID:V/rE1RJI0

織姫「サイコクラッシャー!」


75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 09:02:24.92 ID:kGcAaj0X0

ねぇ今どこ?


77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 09:11:05.53 ID:SnsHl7Nr0

≫75
地球ん中


83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 09:50:34.07 ID:KdmkKvAbO

>>77
 宇宙飛行士じゃないから


78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 09:15:05.74 ID:DXlbp/7F0

一方彦星は彦星で前立腺と尿道に精通する性闘士になっているという


79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 09:19:59.82 ID:g6Xqxc8I0

>>78
彦星にいったい何が


81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 09:35:56.59 ID:DXlbp/7F0

>>79
一年に一度しか会えない織姫に架された貞操帯
いくら力強くかきむしっても伝わるのは分厚い皮ごしの微かな刺激だけ
男の本能に突き動かされた彦星はしごかなくても絶頂に達することのできる自慰に倒錯するのであった・・・


82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 09:38:40.95 ID:U0y4zeJh0

彦星「デネブ!変身だ!」


84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 09:54:06.46 ID:3likPtWaO

スレタイにときめいて開いたらちょっとオサレだった


85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 10:05:15.16 ID:tXyV02Bt0

織姫「あの・・・どちら様ですか?」

デネブ「ああ、聞いてない?俺彦星の友達のデネブ。よろしくね」

織姫「は、はい。よろしくおねがいします」

織姫(なんだろうこの人。太ってるし、ちょっと臭うし・・・気持ち悪い)

織姫(でも彦星さんのお友達だし、邪険にする訳にもいかないよね・・・)

織姫「・・・えっと、何か御用でしょうか?」

デネブ「ああ、ごめんごめん、彦星に頼まれてることがあってさ、ちょっとついてきてくれない?」

織姫「彦星さんの頼み事?・・・わかりました」

デネブ「・・・ケケッ」


86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 10:14:11.02 ID:9QIPuRRS0

これじゃあデネブじゃなくてデブじゃねぇか


87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 10:15:34.96 ID:x1ZulTS/0

デブネ


88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 10:18:41.47 ID:LkVottoq0

太ってるワロタwww


89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 10:18:44.47 ID:HOinYFZu0

NTR参考

http://i.imgur.com/jF9Lp.jpg

jF9Lp




大好物です


92:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 10:25:10.86 ID:sT2yB1Qp0

>>89
絵は良いのになぁ


93:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 10:27:42.44 ID:mipNPHVK0

>>89
kwsk


94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 10:36:49.01 ID:HOinYFZu0

>>93
夏庵「オトメドリ」
オトメドリ (メガストアコミックスシリーズ No. 293)
オトメドリ (メガストアコミックスシリーズ No. 293)
クチコミを見る


130:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 14:45:00.94 ID:mipNPHVK0

>>94
thx


96:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 11:05:01.59 ID:tjw6qWJYi

七夕に相応しい濃厚なNTRスレ


98:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 11:48:00.09 ID:DR46nclo0

織姫なら昨日ニコ生で乳出し配信してたけど


99:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 11:59:06.61 ID:GnKhowOl0

お前ら罰当たりすぎわろたwwwwwwww


100:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 12:18:14.00 ID:4jmbTV810

酷いスレを見た


101:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 12:26:06.75 ID:526iMQg90

ワタシは支援する


103:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 12:36:46.40 ID:SZDkGGO90

彦星「念に一度のIT革命やぁー!」


104:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 12:38:48.09 ID:huGzjFKE0

ミルキーウェイwwwwwww


105:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 12:41:29.04 ID:ZaQhKZML0

彦星ってアサシンなんだよな


107:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 12:49:26.49 ID:2IuY5FaGO

七夕スレか


108:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 12:54:53.75 ID:852+2rPP0

彦星 (今日は織姫にあえる!今日をどんなに待ちわびたか!くるひもくるひも去年の織姫のことを想像して・・ついに!)

彦星(あっ来た!)
彦星「おーい織姫~!こっちだ~」ん?なにかやつれてるような
織姫「彦星さん!会いたかった」グスッ
彦星「くるひもくるひも君を思い出してやっとあえたよ!」
織姫&彦星 ムチュ~レロレロォ
彦星「さぁ織姫ベッドルームにうつろうよ 年に1度しか会えないから君との時間を大切にしたいんだ」ハァハァ
織姫「あのね・・彦星わt」
彦星「さぁ!さぁ!」ハァハァ
織姫「ひこぼs」
彦星「早くいこうよ!」ハァハァ
織姫「きぃて彦星わたしもうあなたとは一緒にいられないことになったの」
彦星「????」


109: 忍法帖【Lv=4,xxxP】 :2011/07/07(木) 13:11:10.24 ID:V8+OHtMW0

デネブって、髪は銀色で浅黒い肌してて、露出の多い服装したDQNってイメージ


110:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 13:18:31.17 ID:C8y++cHt0

おれもデネブはイケメンチャラ男なイメージ


113:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 13:28:47.30 ID:b46+6IKq0

デネブだけアルタイルとベガからめっちゃ離れてるんだよな。
どっちかというとお前らみたいなぼっちだよ


116:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 13:42:15.23 ID:NHsso9Rb0

たのむっ!

http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1766292.png
www_dotup_org1766292



120:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 13:49:58.19 ID:eHtcycNf0

>>116
ふむ・・・よろしい
やれるところまでやってみろ


125:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 14:28:59.50 ID:GMkG+5qlP

>>116
着衣で巨乳・・・ナイスだ!


132:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 14:46:58.94 ID:mipNPHVK0

>>116
gj
1年ぶりに会った織姫がポテ腹だったら、彦星も涙目だろなw


133:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 14:48:43.97 ID:C8y++cHt0

>>116
素晴らしい


134:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 14:51:57.69 ID:ps3eHwUL0

>>116
これ即興で描いたの?


続けてください


122:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 14:07:32.79 ID:oYXewRyOP

織姫と彦星ってなんだかんだいってもう十年近くの年月を一緒に過ごしてるから
もう十分じゃないのか
NTRも今更というか


124:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 14:18:31.34 ID:Kglu7CD8O

織姫「い、イイのぉ!黒崎くんのよりずっと気持ちイイのぉっ!!」


126:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 14:30:09.04 ID:cz5lUml50

織姫「こ、こんなの我慢できないよぉ・・・こんな極太おちんちんで突かれて
特濃精子中に出されたら、女の子だったら誰だっておちんぽ狂いになっちゃうよぉ!」

デネブ「ドゥフフ。じゃあ織姫ちゃん、ワシの物になるかい?」

織姫「な、なりましゅ!私デネブおじさまの性処理穴になりましゅううう!
彦星なんてもうどうでもいいのぉ!おじさまのおちんぽ知っちゃったら、他の男なんて無理ぃい!」



彦星「な・・・んだよ・・・これっ!?」


127:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 14:33:08.13 ID:RYBf/rCC0

コレが今日一番興味を引かれたスレタイとか・・・クソッ・・


128:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 14:35:15.07 ID:0Ql5Syvm0

デネブ「ぶひっ、おらおらどうでぷ?ぽっくんのちんぽの味はぁ!」パンパン

織姫「しゅご、しゅごいれすぅうっ!おまんこきもひいいれふぅぅうっ!」アンアン

デネブ「ほら言ってみるでぷ!どこに出して欲しいでぷか!?」ズッコズッコ

織姫「あ、あひぃ!中にぃいっ!淫乱雌豚まんこにご主人様のミルキーシャワー注いでくらはぃいいいっ!」

デネブ「ぶひひっ、ぶひ!だったらたっぷり出してやるよ!しっかりと味わうでぷっ!ドピュドピュ

織姫「あひぃいい!!出てりゅううっ!!おまんこ喜んでりゅのぉぉ!!ご主人様のザーメンミルクごくごくしちゃってるのぉぉおおっ!!」キュンキュン

織姫「はっ、はひっ、おまんこ、いっぱいでぇっ、しあわせれすぅう♪」アヘアヘ

デネブ「ぶひふひ、あの織姫たんがまさかこんな淫乱ビッチだったとはねww彦星のやつが知ったらどんな顔するか楽しみでぷぅww」

織姫「あへぇっ、ちんぽぉ♪ごひゅじんひゃまのひんぽぉぉおっ♪」

デネブ「やれやれとんだ腐れまんこでぷね・・・そんなに欲しいなら二回戦行くでぷぅ!」ズン

織姫「あんっ♪」


129:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 14:39:55.15 ID:yiWNVGnV0

デネブは魔女のイメージ


173:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 15:50:22.65 ID:YcjPBhQnO

>>129
ですよね


131:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 14:46:15.97 ID:0Ql5Syvm0

7月6日

彦星「明日はいよいよ七夕か・・・」

彦星「一年に一度織姫に会える日だ」

彦星「どれほどこの日を待ちわびたことか・・・」

彦星「たとえ一年に一度でも・・・織姫と俺は幾年も愛し合ってきたんだ」

彦星「ふふふ・・・楽しみだ」

彦星「織姫はきっと去年よりももっと綺麗になっているだろうなぁ」

・・・・・

・・・

・・


135:もしかして誰か書いてた?:2011/07/07(木) 14:53:56.95 ID:0Ql5Syvm0

七夕 天の川

彦星「いつもの場所にやってきたが・・・織姫遅いな」

彦星「いつもなら先に待っていて・・・」

~回想~

織姫『彦星くん遅~い!』

彦星『ご、ごめんよ織姫』

織姫『だめっ、許せない!』

彦星『ど、どうすれば許してくれるんだ?』

織姫『どうすれば許してもらえると思う?』パチ

彦星『・・・・・』


136:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 14:54:52.92 ID:XkhB0PJk0

>>135
構わん続けろ


137:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 14:58:11.37 ID:0Ql5Syvm0

チュ

織姫『えへへ~当たり///』

彦星『///』

織姫『じゃ、行こっか///』

彦星『うん!///』


彦星「ってなるはずなのに・・・」

彦星「遅いなぁ」


138:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 14:59:25.02 ID:NHsso9Rb0

ほう・・・


139:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 15:01:05.92 ID:+T6dpy7J0

やっと始まったか・・・
いつまで裸でいればいいのか不安だったぜ


140:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 15:03:45.35 ID:Ylcy71yB0

織姫「そこを退いてください!」

デネブ「ディーフェンスwwwwディーフェンスwwww」


141:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 15:04:50.61 ID:0Ql5Syvm0

織姫「ひっ、彦星くん、おま、たせぇ・・・!」

彦星「織姫!やっときたか、待ちくたびれたよ」

織姫「ご、ごめんね彦星く・・・ひゃぁぅ!」

彦星「ど、どうしたんだ織姫!?どこか具合が悪いのか!?」

織姫「う、ううん!なんでもないよ!それより、お、遅れてごめんね?」

彦星「そんなことはいいよ!本当に大丈夫なのかい?」

織姫「う、ん・・・大丈夫だってば!ほら行こ」ギュ

彦星「わ、織姫」タタ


142:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 15:08:28.26 ID:0Ql5Syvm0

つ双眼鏡

デネブ「デュフフw織姫たん健気でかわゆすなぁwww」

デネブ「これはますます調教のしがいがあるでぷ!」

デネブ「それにしても彦星のやつ、相変わらずムカつくでぷなぁ」

デネブ「毎年毎年あいつだけいい思いしやがって」

デネブ「でもそれも終わりでぷ!」

デネブ「今からあいつの絶望に染まった顔を想像すると笑いが止まらんでぷw」

デネブ「ブヒwブヒヒィーwwwww」

デネブ「おっと、移動を始めたでぷね」

デネブ「織姫たんがどこまで耐えれるか見ものでぷww」

デネブ「なんせぽっくんのちんぽの大きさのバイブをまんことケツに挿してるからねぇ」

デネブ「今頃ぽっくんのおちんぽを思い出してグショグショでぷwwww」


143:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 15:11:18.40 ID:NHsso9Rb0

おぼっちゃまくんの声で再生されたぞwwww


178:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 15:55:57.10 ID:P2abmPl90

>>143のせいで自分の年齢を再確認するに至った件


144:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 15:17:39.61 ID:0Ql5Syvm0

彦星「それにしても久しぶりだね織姫」

彦星「わかってはいたけど一年は長かったよ」

彦星「この一年、君の事を片時も忘れたことが無いよ」

織姫(ん、ぁ、ご主人様のおちんぽバイブ・・・きもちぃい♪)モジモジ

彦星「聞いてるのかい織姫?」

織姫「ぁ、え?ご、ごめんね彦星くん、ちょっとぼーっとしてて」

彦星「まったく織姫は、僕がこんなにも織姫のこと好きなのボーっとして」

彦星「まぁでもそんなところもひっくるめて織姫のことが好きなんだけどね」


デネブ(イラ)カチ 強


織姫「ひぁああぁんッッ♪」ビクン


145:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 15:20:14.42 ID:3LZCOMTk0

コレジャナイ……


147:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 15:22:44.65 ID:0Ql5Syvm0

>>145
マジで?


150:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 15:25:32.36 ID:VNnQNPHG0

>>147
気にするな、お前には続ける義務がある


151:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 15:26:02.08 ID:1W4OHqCq0

>>147
惑わされるな!

そいつは偽物だ!


152:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 15:26:31.69 ID:9BUAJATf0

>>147
外野の声なんか気にすんなって俺が言ってた


146:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 15:22:17.79 ID:0Ql5Syvm0

彦星「ど、どうしたんだい織姫!?」

織姫「な、なんれも・・・ないよ」

織姫「わ、私も好きだよ、んっ・・・彦星く、ん」

彦星「なんでもないわけないじゃないか!」

彦星「ちょっとそこのベンチで休もう!」

織姫「んっ」


デネブ(まったく、ご主人様が見てると知っておいてイチャつくなんて)

デネブ(帰ったらあの雌豚にはきつ~いオシオキが必要でぷね)

デネブ(しかし今彦星にバレると面倒でぷ)

デネブ(一旦弱にするでぷか・・・)カチカチ


148:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 15:24:54.47 ID:Prpo0n04O

いや続けろ


149:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 15:25:18.80 ID:JsBiwz2r0

いいぞ続けろ


155:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 15:28:49.57 ID:0Ql5Syvm0

どんな感じがいいんだ?俺もよくわからんのだが


156:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 15:30:02.80 ID:3LZCOMTk0

>>155
NTRはNTRれる瞬間を書かないと……
すでに取られてるのはコレジャナイ


161:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 15:34:29.85 ID:DPd1lJiNO

>>155
自分の好みで書くのがいいんじゃね




157:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 15:31:13.45 ID:NHsso9Rb0

とりあえず今の完結させてくれ!!!


158:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 15:32:23.10 ID:P+Pvni+jO

デネブ「彦星、今日は一年に一度の特別な日だからお洒落しなきゃな!」
彦星「デーネーブー! 丈があってなくてつんつるてんじゃねーか!!」


159:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 15:33:25.65 ID:0Ql5Syvm0

織姫NTR

彦星と最後のデート

織姫調教

翌年に変わり果てた織姫披露

って構想したんだがダメか


162:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 15:34:29.82 ID:JsBiwz2r0

いいから気にせず好きにさっさと書きやがれください


164: 株価【E】 u 忍法帖【Lv=9,xxxP】 【東電 75.3 %】 :2011/07/07(木) 15:37:51.16 ID:SN3KKJJa0

外野の声は気にスンナ


165:即効で終わらせるから勘弁してくれ:2011/07/07(木) 15:37:56.53 ID:0Ql5Syvm0

彦星「よくなったかい?」

織姫「ん、大丈夫だよ」

彦星「そうか、ムリはしないでね」

彦星「それにしてもこの一年で君は一段と綺麗になったというか・・・」

彦星「なんていうか色っぽさが増した気がするよ」

織姫「そ、そうかな?」

彦星「そうさ、さっきの顔なんてすごく妖艶だったよ」

織姫「も~彦星くんたらホメてないよそれ」

彦星「そんなことは無いよ、いい意味で、さ」

彦星「ねぇ織姫・・・僕、もう我慢できないみたいなんだ」


166:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 15:38:41.08 ID:0Ql5Syvm0

彦星「そんなことは無いよ、いい意味で、さ」

彦星「ねぇ織姫・・・僕、もう我慢できないみたいなんだ」

織姫「ごめんね、彦星くん・・・今日はちょっと・・・」

彦星「そ、そうか・・・まぁそんな日もあるよね」

彦星「じゃあ、また来年ってことで」

織姫「・・・うん」


167:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 15:42:15.04 ID:EaeTulrgO

確か天気悪かったら織り姫と彦星は会えないんじゃなかったか?


171:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 15:47:20.17 ID:mdHvpHSq0

>>167
少し高度を上げればいつでも星空さ


174:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 15:50:59.26 ID:JUDAG1Oi0

>>167
そういうことにしておいて雲に隠れてZUKKONBAKKON


168:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 15:44:29.48 ID:JsBiwz2r0

そうか
織姫ちゃん女の子の日だったらヤれなかったりするのか
きっと今までもそういうことがあって彦星は察してやってるんだな!
だからNTRれるっちゅーねんのに


169:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 15:44:32.07 ID:0Ql5Syvm0

デネブ「まったく、ぽっくんの目の前でイチャイチャするなんて・・・」

デネブ「覚悟はできてるんでぷね?」

織姫「あ、ぁ、ご主人様、どうか哀れな雌豚にオシオキしてください!」

デネブ「言われなくてもた~っぷり調教してあげるでぷwwブヒッブヒwww」


一年後

彦星「ついにこの日がやってきたか」

彦星「去年の織姫は何か変だったけど・・・」

彦星「きっと気のせいだろう」

彦星「おっと!早く行かなくては」


175:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 15:51:47.56 ID:0Ql5Syvm0

の川

彦星「・・・・・」テクテク

「・・・っ、・・・♪・・・っ!」

彦星「ん・・・?何か聞こえる」

「ぁっ!・・・ぁんっ、ぁひっ!」

彦星「あ、あ、あれ・・・は・・・!?」

デネブ「やぁ彦星くん、遅かったでぷねwwwブフ」

彦星「デネブ・・・!?それに・・・織姫」

織姫「あひゃっ!んひ!しゅごいのぉっ!んひぃい!」パンパン

彦星「何を・・・しているんだ・・・!?」

デネブ「見てわからないでぷか?セックスでぷよセックス!」

彦星「そ、そんな・・・嘘だろう・・・!?」


176:すまん本当にすまん:2011/07/07(木) 15:52:10.62 ID:0Ql5Syvm0

デネブ「ブヒヒww嘘かどうかこの雌豚に聞いてみるでぷww」

彦星「おり・・・ひめ?」

織姫「あひんっ!気持ちいいのぉっ!ご主人様のおちんぽがおまんこいっぱいにひりょがってりゅのぉっ!」

織姫「あぁっ!イっちゃぅうっ!彦星くんの前で、おまんこイっちゃうぅうう!!」

デネブ「おらイくでぷっ!彦星の前でそのアヘ顔晒すでぷぅうう!!!」

デネブ「ふぉおおおお!!!」ドピュドピュ

織姫「あひぃぃぃいいいいいいんっ!!!!」

彦星「うそ、だ・・・嘘だぁあああああ!!!!!」





おわり


177:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 15:53:31.69 ID:S2iU+2MF0

え…


179: 株価【E】 u 忍法帖【Lv=9,xxxP】 【東電 76.0 %】 :2011/07/07(木) 16:03:01.90 ID:SN3KKJJa0

嘘だッ!!


180:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 16:07:17.15 ID:7UZLmg9n0

続きでも新たなる展開でも思いつきでも即興でもイラストでも落書きでもいい

本日中はどんどん行こう


182:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 16:12:01.27 ID:NHsso9Rb0

>>180
はいっ!

http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1766507.png
www_dotup_org1766507


183:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 16:14:53.31 ID:8oE+mE5OO

>>182
素晴らしい


184:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 16:14:58.38 ID:71TCFdNE0

>>182
いいぞすごくいいぞ
ディ・モールト ベネ


188:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 16:20:15.42 ID:7UZLmg9n0

>>182
お前なら出来ると俺は信じている


181:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 16:07:49.70 ID:QGKHp2m70

突然だが、俺の名前は彦星だ。

今日は皆も知っているであろう七夕の日。俺は朝一番に目を覚まし、電話をかけた。

『もしもし……彦星さん?』

その声を耳にした瞬間、俺は歓喜のあまり飛び上がりそうになった。
その衝動をギリギリのところで抑え、決して動揺を見せないように語りかける。

「あ、ああ彦星だ。織姫ちゃん……だよな?」

『はい……彦星さん、お久しぶりです』

愛しい声が耳元で響き、目の前には花畑が広がった。
このままお話を続けたいところだったが、そうもいかない。時間は限られているため、無駄なことはできないのだ。

「織姫ちゃん、さっそくだけど会おう。去年約束した場所、覚えてる?」

『はい、忘れるわけありません……プール、ですよね』


185:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 16:15:41.68 ID:dHZbFErE0

彦星「へへっ、明日は七夕かぁ。明日ってかあと30秒・・・織姫・・・」

ゴソゴソ

彦星「ん? 何の音だろ・・・」

織姫「あぁん、もうだめ、おねがいよぅデネブ、今日はもう終わ、あんっ♪」
デネブ「うるせー女だな。オラまたハメてやるから股開け」
織姫「や、やだもぅ・・・・あたし知らないからね、彦星来ちゃうよ」
デネブ「へっ、あんなカスに何ができんだよ。ほっとけほっとけ。どうせ汗水たらして俺の子供育てるための金稼いでんだろ」
織姫「あああっ! すごい! やっぱりデネブのおちんちん最高! あ、そ、そこもっと!」
デネブ「ちっ、なんかゆるくなってねぇーかお前。そろそろお前とも終わりかもな」
織姫「いや、いやいやっいやよ! 私をこんなにして・・・ね、今日は中に出してもいいからぁ・・・」
デネブ「しょうがねーな。使ってやるよ」
織姫「やぁん、織姫うれしい!」

・・・

彦星は泣きながらちんぽをしごいた。

HAPPY END


186:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 16:17:35.70 ID:QGKHp2m70

なぜプール? そう聞きたい方も少なくはないだろう。
しかし逆に問うならば、どこの場所がいいというのだ?
一年に一度とはいえ、それはもう数百年に渡っている。そうともなれば、おのずと行く場所も限られてくるもの。
なので今回はたまたま、プールということになったのだ。とは言えもちろん、普通のプールなんかじゃない。

『神様が作ってくれた、特別なプール。二人だけの空間ですね』

「ああ、人間はもちろん、その他生き物も入ってこれない仕組みになっているらしいな。楽しみだよ」

その後、一言二言喋り、通話を終えた。しつこいようだが、時間は限られているのだ。一分一秒も無駄には出来ない。

俺は家を出て電車に乗る。悪いが宇宙とかそういうのはない。
無論、普段生活しているのは空の上だが、この日はいつも地上で落ち合う…というか、地上でしか落ち合えないのだ。
そのため、汗だくのサラリーマンと何ら変わらないスーツ姿で、俺は織姫の下に向かった。

「確か……ここだよな」

着いた場所、プール場の看板にはでかでかと『織姫&彦星専用』と記されている。


187:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 16:20:03.51 ID:71TCFdNE0

彦星「信じて送り出した織姫がデネブのおじさんの変態調教にドハマリしてアヘ顔ピースビデオレターを送ってくるなんて・・・・・・」


190:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 16:24:34.52 ID:0ECHYygXO

彦星「オイオイ、俺達にとって一年なんてあっという間だろ」

織姫「うるさい……黙って抱きしめろ」

彦星「まったく困ったお姫様だ」

織姫「……困らせてしまったか?」

彦星「ん?」

織姫「私は、そんなに迷惑な女か?」

彦星「……はぁ」

織姫「なっ! んっ、ふぁ……」

彦星「……あんまりうるさいと口塞ぐぞ」

織姫「ん、むぅ……」

彦星「なんだよ」

織姫「ばか」


七夕って夢があるよね


191:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 16:26:34.06 ID:QGKHp2m70

「まあ普通の人には見えないからいいけど……」

そう呟きやきながら、俺は中へと入った。

まず見えてくるのは更衣室。しかし驚いたことに、部屋は一つしかないようだ。

「設計ミスったのか……?」

俺が出てくるのはかなり早いほうだったし、織姫ちゃんはまだだろうから問題がないと言えばないのだが。
考えているうちに来てはマズイと、足早に更衣室へと入る。予想通り、彼女の姿はなかった。

半ば期待していただけに残念な気もしたが、どうせ水着姿が見れるんだ。急ぐことはない。
そう自分に言い聞かせて、着替えを始める。

「そういや、体はどんな感じかな……」

一年に一度のこの日のため、俺は日々の鍛錬を忘れなかった。
すべては織姫ちゃんに、美しい肉体を見せるため。

「……ちょっとポーズでもとってみるか」

プールという開放感も手伝ってか、全裸で鏡の前へ躍り出る俺。力こぶを作ろうとした――そのとき。

「きゃあっ!」

振り向くと、丁度織姫ちゃんが入ってくるところだった。


192:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 16:33:06.95 ID:qF+rse/A0

彦星が女のデネブにおとされる逆寝取られはありませんか


193:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 16:33:28.21 ID:QGKHp2m70

「……え?」

状況を確認してみよう。俺は全裸で彼女は赤面。実に簡潔だ。

「ご、ごめんなさいっ!」

「ちょっ!」

出て行く彼女を追おうとして、踏みとどまる。こんな格好で行ったら洒落にならないということは、混乱した頭でも理解していた。
幸い体は鏡の方を向いていたため、大事なところまでは見えていないだろう。見えていないよな?

慌てて海パンを履き、彼女の後を追う。出るとすぐ近くの壁によりかかり、ゆっくりと深呼吸をしている織姫ちゃんの姿が見えた。

「ご、ごめん……」

「いや、私の方こそ……急に入っちゃったし……」

「と、とにかく着替えていいよ。俺は先に行っているね……」

なんて最悪な始まり方。プールサイドに足をかけ、中の水に足だけ浸かっていると、彼女はやってきた。

「お、お待たせ……」


195:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 16:39:37.90 ID:QGKHp2m70

「おふっ!」

思わず変な声を上げてしまった。しかしそれも仕方ないと俺は思う。

見れば、何故かスクール水着を着ている織姫ちゃんがいるではないか。

「な、なんでスク水!?」

「……この方が男の人は喜ぶって……ゴニョゴニョ」

終盤はよく聞こえなかったが、つまりは俺のためってことなのだろうか?

とにもかくにも、プールに来て泳がないという選択肢はない。
先ほどの失敗を都合よく削除して、俺は織姫ちゃんの手を取った。

「泳ごうよ」

俺の言葉に、彼女は小さく頷く。
今気づいたが、頷いた瞬間に胸が大きく揺れたぞ。っていうか、これピチピチになってないか?

「サ、サイズは適当に選んじゃったから……」

「あはは……」


196:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 16:45:18.96 ID:dHZbFErE0

織姫「えへへ、彦星と逢うの久しぶりだなぁ。あたしだってダイエット頑張ったんだから!」

ゴソゴソ

織姫「あれ? 何の音だろ・・・」

彦星「な、なぁデネブ。もうまずいよ。そろそろ織姫が来ちゃう、んんっ!? な、なにやってんだデネブ!」
デネブ「んっ、ちゅぶちゅぶ・・・ひららーい、ふん、あんな貧乳のガリガリ女、どこがいいのよ。ぺろぺろ、ちゅっちゅ」
彦星「や、やめ、うお、すっげ・・・・で、デネブそんなに舐めたら出ちまう・・・クッ」
デネブ「まだだーめ。んふふー。ホラホラ彦星ぃ、もうアンタのおちんちんはあたしの方が好きだって言ってるよぉ。ホラホラ。んーっちゅっ。あん、涙流しちゃってかわいそう、彦星のおちんちん。ん、ちゅぷちゅぷ」
彦星「うぁあ、やっべ、吸い取られる・・・ハァハァ、で、デネブ・・・」
デネブ「なぁーに、物欲しそうな顔しちゃって。どうしたのぉ~? ん? ぺろぺろーえへへ、寸止めー」
彦星「は、はぁう、う、うぅう」
デネブ「どうしたいの? ん? あんっ、だぁ~め。ちゃんと言ってくんなきゃおっぱい触らせてあげないんだから。ほぉーら。素直になって、ね?」
彦星「む、胸で・・・胸でして、くれ・・・デネブぅ」
デネブ「あん、嬉しい。こうやって、こう。ど? きもちーでしょ。言っちゃいなよ、織姫なんかよりずっと気持ちいいって」
彦星「う、うぁ、デネブの大きいおっぱいが、くっ、白い・・・すっげぇ柔らかい。最高だよ」
デネブ「うふ、ありがと。ちゅっ」

・・・

織姫は泣きながらまんこをこすって女性ホルモンを出した。

HAPPY END


197:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 16:45:52.87 ID:QGKHp2m70

それからというものの、時間を忘れて遊び尽くした。

さすがに疲れが来て、プールサイドで横になっていた俺に対し、織姫ちゃんは小さく笑みを浮かべながら口にした。

「ねえ、泳ぎレースしようよ」

「レース?」

「うん。負けた方は罰ゲーム」

「へえ、どんなの?」

「えっと、それはねぇ……」

もじもじとする彼女。昼飯を奢るとかなら、言われずともするつもりだが……。

「負けた人は……勝った人に水着を脱がされるの」

「…………は?」

俺の目が点になっていたのだろう、彼女は少し不安そうな顔をしながら「だめ?」と首を傾げた。
ちょっと待ってくれ、急展開すぎないか?

「え、ええと……」

「彦星さんがいやなら……」

「いや! いいよ、やるやる! やろうか!」

……まじで?


199:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 16:52:59.25 ID:QGKHp2m70

結果から言うならば、勝った。

遊んでいる最中に気づいたが、織姫ちゃんは泳ぎがあまり得意ではない。
俺も凄い、というほどではないが、一般的なレベルを保持していたため、劣っていた彼女よりも早くゴールすることは容易だった。
しかし、それは相手も分かっていることだろう。何故レースなんて言ったんだ……?

若干モヤモヤとした気持ちを抱えたものの、そんな場合でないことは、俺が一番よく分かっている。

「ほ、本当に……いいの?」

「…………うん」

言ってどうぞとばかりに腕を広げる彼女。

俺の心臓はバンジージャンプをする時よりも遥かに早く鼓動をしていた。

緊張。戸惑い。

「じゃあ……いくよ」

そのすべてを押さえつけて、織姫ちゃんの肩紐に手を伸ばそうとした瞬間。

「よーお、楽しいことしてるじゃねぇかあ」

ドスのきいた男の声が、俺の耳に届いた。


202:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 16:59:46.46 ID:F2ZEAoljO

織姫「あぁっ・・・彦星に会いに行く途中ぅっ、んっ・・・なのに・・・天の川の星なんかで・・・ハァハァ、きもちいぃっ・・・お星さま気持ちいいのっ・・・・・・」


203:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 17:00:17.83 ID:dHZbFErE0

>>202
なにこれすごい


204:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 17:02:35.75 ID:QGKHp2m70

「「え?」」

俺と織姫ちゃんの声が重なる。

声の方を振り返ろうとしたが、その前に気づくと俺は横方向へ勢いよく吹っ飛んでいた。

「があっ!?」

壁に思い切り体を打ち付ける俺。どうやら横っ腹を蹴られたようだ。遅れてズキズキと鋭い痛みが俺を襲う。

「くそ、誰だ……?」

「へっ、いいざまだなあ彦星」

「っ! デネブ!!」

俺よりも遥かに太く、大きい体格の男が、こちらへと歩み寄っていた。
こいつと俺はとにかく仲が悪い。ずっと前に「お前『ネ』を抜いたほうが似合ってるよ!」と言ったことを、未だにひきづっているようだ。

しかし、この状況は、今までの中で一番悪い……!

すかさず立ち上がり、迎え撃とうとしたが、それよりも早くアイツは襲ってきた。
わき腹を思い切り踏みつけ、次に頭を踏みつける。意識が飛びそうになるのを必死に堪えるが、とても長くは持ちそうにない。

「なあ、俺も水着姿で来たんだ。混ぜてくれよお」


205:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 17:02:36.45 ID:wssgPx620

織姫が約束の場所へ向かうとそこには彦星とデネブの姿が

彦星「デネブの中すごく暖かいよ・・・それにすごく絞めつけてくる・・・」
デネブ「ああ・・・彦星の息子が俺のケツの中にしっかり絡まってきてやがる・・・」
彦星「っく・・・いくぞデネブ!」
デネブ「ああ来い彦星!お前のザーメンを俺に注ぎこむんだ!」

織姫「いやぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!」


208:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 17:08:12.45 ID:QGKHp2m70

止めとばかりに俺の頭を踏んづけた。

織姫ちゃんの方はというと、こちらを見てひたすら怯えている。腰が抜けて立ち上がれないようだ。

「ち……くしょう」

「はっ、まだ意識が残っていやがるか。だが立てるほどではあるまい。お前はそこでじっくりと見物してな」

どういうことだ? こいつは俺に恨みがあって、俺を痛みつけようと……。

まさか……!!

「さーあ、織姫ちゃあん。たっぷり可愛がってあげるからねぇ」

「いや! 来ないでぇ!!」

「てめっ……ざけんな……ッ!!」

起き上がろうとするが、やつの言った通り俺にそんな力は残されてないらしい。

瞳には二人の姿だけが映される。

「実は俺、ちょっと前からここにいてよ~。話を聞いていたんだ。なに? レースで負けたほうが裸だって?」


210:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 17:15:06.69 ID:QGKHp2m70

「そいつはいいや! 俺が彦星の代わりにやってやるよ!」

「いやっ! やめて! 近づかないで!!」

怯える彼女など関係無しに、デネブは足を進めた。そして強引に肩を掴み、立ち上がらせる。

「さぁ~て。このピチピチ水着の正体はなにかな~?」

肩紐を掴み、そんなことを口にする。

「えっ、うそ……!?」

彼女がそう呟いた瞬間、デネブは思い切り紐を下げた。

すると当然の如く、プルル~ンといい音を立てそうな二つのマシュマロが、俺の目に飛び込んできた。

「きゃ、きゃあああああっ!!」

「うお~ぉ、でっけぇ!」

俺も始めてみる胸だった。Eくらいはありそうなおっぱい。
形はこれ以上にないくらい整っていて、垂れてもいない。その中心にポツリと、ピンクの乳首が見えた。

「やっ、やっ! 見ないでぇ……」

腕はデネブにより拘束されているため、織姫ちゃんには抵抗のしようがない。


211:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 17:16:35.27 ID:QGKHp2m70

おつかれさまでした。

人妻NTR (いずみコミックス)
人妻NTR (いずみコミックス)
クチコミを見る

ラビット速報からのお知らせ







今月の人気記事ランキング!


    コメント一覧

      • 1. 彦星
      • 2011年07月07日 21:51
      • これはいいww
      • 2. 名無しのうさぎさん
      • 2014年07月07日 11:21
      • 3年遅かったか・・・諦めよう
      • 3. 名無しのうさぎさん
      • 2015年03月14日 14:20
      • 五十路奥さんの臭いANARUに口を押し付けて極太一本グソを食いたいよ
      • 4. 名無しのうさぎさん
      • 2015年07月08日 00:03
      • ごちそうさまでした(ー人ー)
    コメントする
    名前
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...